さようなら、ヨコジュン!

SF作家で評論や古典SF研究など、幅広く活躍した横田順彌さんが亡くなりました。
ハチャハチャSFの創始者ともいわれますが、その由来は、読者がハラ抱えて笑いながらメチャクチャと言うつもりが「は……ハチャハチャ」と悶絶したためだそーです。

お若い頃、友人たちとアメリカSF大会に参加、宿泊先(だったかな)で英語で話しかけられた際

「えへん、あい、かん、のっと、すぴーく、いんぐりっしゅ」

と応え、まわりを呆れさせたというエピソードが楽しかったなあ。
在米中、足の指がひょうそうになり靴が履けず、やむなくビーサンで過ごしたとか、アッカーマンおじさんからコレクションを譲ってもらい大感激した等々……ああ懐かしい。

日本SF界の大御所が次々あの世へ転生し、モノスゴトンデモ的な活躍をする――そんな、「亜空間要塞の逆襲」みたいなことをつい、思い浮かべてしまいます。



中瀬先生のオフィシャル彼氏こと古市憲寿さん、芥川賞逃がしました、残念。
明日の5時夢におけるコメントが楽しみじゃ。



今日はイレギュラーで老人の病院付き添いでした。椅子のひじ掛けでぶつけた胸が痛むとのこと。
朝方ニュースで乗車予定路線が人身で一部止まってる――というのが、そもそもケチの付き始めでして。

寒風吹きすさぶ中、ぐだぐだのダイヤで遅れる電車を待ち、なんとか指定された総合病院へ連れて行くと、整形外科医が急病でお休み。別の病院や医院を探すのにえらく手間取り、だんだん目が逆三角形になっていくのが自分でも分かりました。
やっとこ近くの医院で診察までこぎつけると、案の定肋骨にヒビ入ってまして。

まあ、それほどひどい状態でもなく、無理なことしなければ普通に生活して大丈夫だそうで、ひと安心。じゃあ帰りましょうと、院内の無料電話でタクシーを呼ぶものの、向こうの配車ミスで待てども待てども来ない! なんでどうして !?
……もう、くったくたで夕方帰宅しましたよ。

いちばんのモンダイは、どうして病院行くのにあんな大荷物なのかってこと。なにやらみっちり詰まったショルダーの他に、タオル、マフラー、スカーフ、ひざ掛け、ティッシュ等々を入れた手提げ……全部あたしが持つの。脱いだコートやセーターも、みんなあたしが持つの。そいでもって一人で歩くのしんどいから、あたしが手を引いてあげなきゃなんないの。
以前、全体重をかけるが如く左腕にもたれかかられ(右腕は鬼のような荷物)、神経を痛めてしばらく治らなかったの思い出したわ……(T_T)

これは修行、たぶん修行、きっと修行。
そうでも思わなきゃ、やってらんない。




お寒うございます

果たしてJOC会長への疑惑容疑は、ゴーンさん勾留への意趣返しなんでしょうか。
そんなゴーンさん、保釈請求棄却になってしまったとのTV速報。てっきり稀勢の里引退かと思ったんだけど(ヲイ#)。


「刑事ゼロ」初回を観ました。
う~ん、源氏香ネタはもういいかなー。次観るかどうか微妙なところ。

「3年A組」はまだ観てません。録画はしてるんですが。菅田さんはホントにご多忙ですね。

「どろろ」観ました。
なんか既視感が……と思ったら、抜刀斎剣心でした。皆さん考えることは同じなようで。

「いだてん」に姜尚中登場。喋り方がややヘンタイちっく;
この勢いでチョイ役がちょいちょいなのかしらん。

NHKのスペシャルとかシリーズものの分類が、よく分かりません。
東京ミラクルと東京リボーンと平成史スクープドキュメントの差が判然としないのじゃ。
ま、たけるん出てくるなら一応観るけどな。
お寿司美味しそうだったな♪






えーと、独り言です。

ふだん必要以上に他者に対しておどおどした態度のわりに、少し譲歩されるとウソみたいに図々しくなる。

被害者意識が強いのか、いつも自分は他者に傷つけられると主張する。もっとやさしい世界になってほしいと、口癖のように言う。

自己肯定感が低く、承認欲求が異常に強い。

許容量も低いので、グレーゾーンの存在に我慢ならない。


……以上を兼ね備えた人がいて、なるべく距離を置こうと思います。
考えてることもネトウヨぽくて怖いの。




ニャンちゅう宇宙放送チュー!

いつの間にか、ニャンちゅうったら宇宙進出してました。
ED曲がすっごい好み!

「ニャンちゅうED(Full)ダンス☆マン」

で、動画検索してみてくださいませ。
ピパピパ楽しいですよぅ♪


書斎の壁掛け時計が沈黙してしまいました。電池交換してもダメ。
子どもが幼稚園のとき通ってた、某音楽教室の景品だったのよねえ。ってことはかれこれ何年;
とりあえず密林にダークカラーのシックなヤツ(カチコチいわない)を注文しておきました。
書斎は時計がないと、何時間でも食われてしまう魔窟なのです、ハイ。


今夜からBSプレミアムでマリコさんの……もとい、沢口靖子さん主演の「小吉の女房」が始まります。勝海舟のおっ母さん役だそうで。
春からは「科捜研の女」が通年放送だし、マリコさん(もういいや)飛躍の一年ですな。


「100分de名著」、今月はミッチェル女史の「風と共に去りぬ」です。
第一回ではいきなり”レット・バトラー=速水真澄さま説”が飛び出しました。面白そうなので録画しちゃおうっと。




18度めだったそうです

ナウシカ。

思ったより少ない?
もはや書道の先生も鬼籍に入ってしまわれましたのねえ、しょんぼり;
それよか、まだ相棒新春SP観てない!(再放送は観てるのに/ヲイ#)

「さくらの親子丼 2」が自宅出産騒動です。
記憶喪失で身元不明の「貞子」ちゃん、不倫相手の子を身ごもり、しかも相手は殺されちゃったという。果たして殺人犯は貞子なのか !? 多分違うな。

新大河「いだてん」観ました。
クドカンの脚本に音楽が大友良英、いい感じに”あまちゃん”風味です。つか、大友さんてNHKの仕事多いな。直前特番で初の司会でテンパッてた古舘寛治さんは、確かに重要な役どころでした(微笑)。
オリンピックに対し”競技スポーツの弊害”と断罪するシーンは、昨今多発するスポーツ業界スキャンダルを揶揄してんでしょーか。

最近ケータイが使えるようになった父から早速、

「戦前、大塚の自宅前の坂を上ったところに嘉納治五郎邸があり、講道館の治五郎さんで近所でも有名だった」

てなSMSが届きました。
自宅は空襲で焼けちゃったけど、治五郎さんとこはだいじょぶだったのかな。



実家の寝室が絶望的に寒いため、年末にオイル・ヒーターを買いました。
親戚筋の口コミでしたが、古い木造戸建てのせいか期待したほどの効果がなく、遠赤外線ヒーターに買い替えることに。火を使わず安心で温風も出ないから乾燥も防ぐという謳い文句でしたが、使ってみないと分かんないもんですね。

結局オイル・ヒーターは近くに住む弟(マンション住まい)に引き取ってもらうものの、重量が20キロもありどうしたもんだか。



深夜から「どろろ」始まりますね。
コンビニマンガ(全一巻)、予習でちまちま読んでます。




マリコさんの重大発表を前に

土門さんが警視庁勤務で卒業
土門さんが殉職で卒業
映画化
番組自体が終了

等々、ネットもざわついておりましたが、収まるべきところに収まった感?
ワタクシ昨日今日と実家詣だったので、録画を観るまでは不用意にネット情報を目にしないよう細心の注意をはらいましたとも!
しかし宅間ってば……。
そしてエロ男爵ってば(-_-;)


元旦は、近くの神社に初詣。
2日は同居人の実家へご挨拶。
3日は中休みで録画消費。
4~5日はワタクシの実家詣。

明日から少し骨休めでございます。

それにしても2日、最寄り駅前元デパートは、新年初売り(主に福袋)でものすごい人出でした。惣菜など調達しようと開店少し前に駅に到着すると、もうすでにとぐろをまいたヘビのような行列が。店内入店の列以外に、個別のテナントショップの列もあり、どこへ並べばいいのか判然としない状況。
結局、歩道側(建物の側面)を這うように列の最後尾に付き、入店までずるずると牛歩。でもいったん入ればあとは意外とスムースでした。あちこちで開店5分と経たず、福袋完売コールがかかってましたよ。

福袋にあんまり興味ないので、久々(最後の海っぺりイベント参加以降初)の行列体験でした。


そんなワタクシ個人のお買い初めは、ほぼBOOKOFFでした(実買い通販共)。
初夢は覚えてない(ヲイ#)。
ショパンピリオド楽器コンクールを観ていたら、あれ、松尾スズキがいる? よく見たらダン・タイソンでした、うわあ;




明けましておめでとうございます。

   

    4



いや~紅白のユーミンのバックったら、キャラメル・ママと一部サディスティック・ミカじゃあーりませんか。デビューの頃のメンバー、めっちゃ贅沢!

サラとのあまりの温度差にも、さほどめげる様子のないおげんさん一家。
次回は、雅マモルと筋肉サックスの対決プリーズ。

そして平成最後の江戸川乱歩か林檎ワールド。
あ、けん玉記録おめでとうございます。




今のあたしには要らなくても

あの頃のあたしが必要としてる音楽がある。
そんなことを考えた昨夜と今夜。
みなさんにも魂の食べ物が届きますように。

それでは良いお年を。



TBSからご褒美もらえないかな……

晦日の今日、午前11時から午後11時まで、ずーーーーーーーっとTBSを観ました。
年末年始のあれやこれやは、ながらでやっつけられる程度に主婦業熟練の域でございますのことよ。


「報道の日2018」は平成最後とゆーことで、30年間歴代の総理大臣と、U.S.A!の大統領との関係に特化した内容でした。
日本の大きな政策変更や経済の枠組み変更には、アメリカの思惑が見え隠れしていると説明されると、「シン・ゴジラ」の”戦後は続くよどこまでも”を思い出します。
挙句、日本を都合よく使おうとする(ように見える)アメリカに、表立って盾突くあの国やこの国が、いっそ清々しく思えたり……いやいやいや、これこそが演出の恐ろしさなのですね。
あるひとつの現象も、それを発信する立場や見る側面によって、まったく違うものになってしまう。

自分が好きなものは真実に見えるし、えこ贔屓もしたい。
反対に嫌いなものは嘘に見えるし、ゲスであってほしい。
でも、好きや嫌いの果てに、物事の虚実は直結しない。
なぜなら人の目は大抵バイアスで曇っているから。

そしてその曇りこそが、その人たらしめる要素であることが厄介なのよねー。
とはいえ、ニュータイプになって他者とまったく齟齬なく意思疎通できちゃうのも、ちょっとつまんないかも。誤解で成り立ってるコミュニケーションも多いからね(愛とか恋とか/苦笑)。


そいでもって「レコード大賞」。
ノミネート作品の更に斜め上をいく過去作品にこれでもかこれでもかと畳みかけられ、その圧で死にそうになりました。ピンク・レディー・メドレーの「サウスポー」では、”全国高校野球児よ、聞け、これがオリジナルだ!”と心の中で叫んでしまいましたよ。

DA PUMPのU.S.Aに至っては今日初めて全体をちゃんと聴きました。そっか、こういう歌だったのね……あ、たった今、大賞が乃木坂46に決まりました。おめでとうございます。
ワタクシが好きな作品はことごとく代表曲演奏でした;
そういや、ジャニ系列がひとつも出てなかったな(自主規制的?)。



さ~て、これから録画した「dele」特番を観ようっと♪(って、もうすぐ大晦日でんがな)




あれは何年前

同居人のスマホが故障しました。
数日前から「不正なSIMカードです」という表示が出始め、外で使えなくなったそう。
自宅ではPCの wi-fi に自動接続するので本体の問題ではなさそうですが、どちらにせよショップへ持っていくことに。予約とるのもこの頃は大変ですね。

ところでSIMカードと聞いてお互いすぐ思い出したのが

「たしか、らりピーが逃亡するとき……」

でした(^_^;)
あれから9年も経ったのねえ。
彼女が湾岸署に連行された日、我々はちょうどお台場ホテルに泊まっていて、近くがえらい騒ぎだったのを覚えています。あと、実物大ガンダム展示に間に合わなかったのも。



今日は賀状を二種類作り(絵も描いた)、住所録もチェックしました、ひいはあ;
明日、印刷かけて投函すれば、このモヤモヤした鬱屈から解放されます……つか、もっと早く仕事しろ自分。




五輪よりむしろ全日本の方が

白熱する感じですね@フィギュアスケート

女子は、宮原さんが2位かなーと思っていたら、坂本さんが逆転優勝。
ワタクシ細かいことは存じませんが、坂本さんの振り付けは他では見たことないような、とてもモダーンな印象を受けました。ひとつの動作から次へ移るのがスムースだし、腕を下げるときもただ下げるだけじゃなく、しずくがこぼれ落ちるようでした。正に美は細部に宿るって見本ですね。

男子は復帰の高橋さんが2位入賞、パチパチパチ☆
こいきなステップがまた見られるのは楽しく嬉しいですわ。表彰台に上がった三人が何故か背の高さがほぼ同じだねえ、のジェスチャーに会場は和やかな笑いに包まれました。
羽生さんが参加していればまた違った光景が見られたかもですが、まずはお怪我がはやく回復しますように。宇野さんも。


なんにせよ、犬神家の一族が時間通りに始まってよかったよかった(そこか)。

あ、今夜イヴだった(そろそろ我が家から消滅しそうなイベント)。




«ガンダムNT観ました