毎回ページを開くと自分の星座が運勢最下位なんですが

某占いサイト。
確率的におかしくないか。

それともそんだけ不運なのか、自分。
思い当たるフシもあるので、STAY HOME でおとなしくしてよう、してるけどずっと。
本日も鍋一択にしたいような寒さですが、材料買いに行くのも大儀なのであるものでどうにかするさ。


リチャード三世に”時の娘”があったように、光秀にも”時の麒麟”がくるのかなあと、最終回を想像する日々。
少し前、信長役の染谷さんがインタビューで

「信長を討てという公方さまに涙ながら出来ませぬと答える光秀のシーン、家でオンエアを観てたんですが、自分ほんとうに光秀に?……と」

などと話し、周りも苦笑してました。
そんな光秀に直截な言葉でなくとも同じことを訴える、公方さまに弾正に帝。
その他多くのベクトルが、一直線に光秀に向かう様子がなんとも痛ましいです。
猫の首に鈴かけた途端、炎の中から麒麟登場、時を超え何処かへ疾駆……とか、ファンタジー過ぎるか。


クノップフのドイツ語版画集を以前入手したものの、やっぱり日本語解説が読みたいなあと思い、30年前のBUNKAMURA展覧会図版を買いました。古書にしては状態が良かったです。
ハンマースホイが人気な土壌が出来てるようだし、そろそろ日本でもクノップフをブチ上げて欲しいところ。ベルギーの風土って、日本のわびさびと共通する感覚が多いと思うんだ。日曜美術館あたりでどうでしょNHK?


「連城三紀彦傑作集」(創元推理文庫)1、2巻と、「私の叔父さん」(新潮文庫)を買い、にわか連城祭り開催中。
「戻り川心中」「夕萩心中」(光文社文庫)で気に入り(遅)、その後もぼちぼち読み進めています。
ガチ推理ものはもちろんですが、恋愛(風俗?)小説的なものは読後「これはもしかして本当はこうだったんじゃないか……」と深読みを促され、余韻が長く尾を引きます。
講談社文庫から「連城三紀彦レジェンド」というアンソロジーが出ているので、興味おありの方は是非どうぞ。




夕食は鍋一択

床から底冷えするような寒さは、2回目の緊急事態宣言発出だけじゃないとは思いつつ、松の内が明けてもパッとしない2021年でございます。


グチってばかりも詮ないので、ベートーベンのヴァイオリン協奏曲CDを3枚買ってみました(手元にハイフェッツとヒラリー・ハーンしかなかった……。中間! 中間的なのはどこ!? という;)。
ちなみに五嶋みどり、庄司紗矢香、チョン・キョン・ファというラインナップ、おほほ。
特に五嶋さんは、ベートーベン生誕250周年にならっての最新盤で、振り上げた弓に沿ってなびくドレスの袖に「MIDORI」とブチ抜かれたジャケ写が秀逸です。
せめておウチでひとりでいるときくらい、優雅にどこかへトリップしたい。


年末に軽く腰をやってしまい、今もゆるゆると生きています。
腰に来ると長時間同じ姿勢がつらいので、読書もなかなかはかどらず。
録画したテレビ番組の数々も、来年のお正月まで視聴が持ち越されそうなイヤな予感が(^^;)
あ、今夜からBS12で「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」放送だわ~(^O^)/


金原ひとみの「パリの砂漠、東京の蜃気楼」を読んで以来、ロゼのスパークリングワインをあれこれ試しております。最近はグラスワイン程度の小さなボトルもあり、ローソンで成城石井ブランドをほくほく買い込んだり。チーズやクラッカーも忘れませんのことよ。
よもやそれでウエイトオーバーで、腰に来たとは思いたくないけど。




明けましておめでとうございます。

   本年もよろしくお願い致します。


   46844595


   紅白は、紅組がダブルスコアだったぞ。
   恐るべし、ふみパワー!





本年もお世話になりました。

更新がどんどん少なくなる当サイトにお運びいただき、ありがとうございました。
来年はコロナ禍が落ち着き、お出かけしやすくなる状況になればいいなあと願っております。


マツコの80年代モテ分析番組を見て、今の若者は堅実でえらいなあと感心する事しきり。
「刑事モース オックスフォード事件簿」は、BS11放送でした。土日連続で1話を前後編に分け放送するそうです。
寒いので、巣ごもり生活もいよいよテレビ頼みになってきました。
あとは買い込んだ本とCDを満喫予定。

それでは皆さま、良いお年を!




管理人青猫emi拝





取りあえず、年賀状はサクサクできた

結局年末年始もドタバタで、なんだかずっと It's been a hard day's night な感じ。
それでも裏表とも印刷した賀状持参で出掛け、空いた時間に一筆添え、近場で投函! 気がつけばいつもより余裕でしたわ(^^;)
せめてクリスマスっぽいメニューを三日続けて、ワイン三昧しております。
あ、ワイン三昧はボージョレヌーボー解禁からずっとか。



テレビの特番が怒涛の嵐で、番組表と首っ引きです。
えー、三夜連続岸辺露伴、相棒元旦SP 逃げ恥SPに100分deモーさま、ガンダムナラティヴに半地下家族……だいじょぶかだいじょぶだ多分。
さらにドキュメント72時間年末SP、BOOKSTAND前後編(ゲストがマキタさん)、ユーミンライヴに刑事モースオックスフォード事件簿がBS12で第一話から放送だと!?
……そんなこんなでフィギュアスケートも嵐も観てるヒマなさそう。光秀のスマホ観たから、もう麒麟もいっか(ヲイ)。



現在放送中の100分de名著「ブルデュー ディスタンクシオン」が思いの外楽しく、テキスト買ってきちゃいました。原典は私には難解すぎてついて行けないので、噛み砕いた方をね。副読本として紹介されたポール・ウィリス「ハマータウンの野郎ども」は書店で軒並み売り切れでした。何のかんの言ってテレビの影響力はまだ健在? ネット注文も今の時期はちょっと憚られるしにゃあ。

今年は長年欲しかったものを次々コンプリした年でした。やっとオトナ買い出来るようになったのねえ、自分。
重戦記エルガイムとガンダムX、無限のリヴァイアスのDVDでしょ、新書版チボー家の人々、文庫版西の善き魔女、里中満智子のギリシア神話マンガ。前橋汀子のヴァイオリン小曲集100、神尾真由子のCD。新しい電子ピアノに冬物衣料。
おカネは遣うべきときに遣わねば。あの世に持っていけないし。



大晦日あたり超弩級寒波到来だそうで。
今でも充分寒く、床に足置いてると冷えて痛みを感じます。スリッパはつんのめって怖いので普段から履かないのよねー。小さ目のホットカーペットでも買った方がいいのか。部屋内で移動しやすい充電式とかないか(探せよ#)。




ドラマ「ノースライト」前編が原作の5分の4まできちゃったという

少し前に新潮社出版部部長中瀬親方が激推ししてた本作。
読みましょう読みましょうとずるずる先延ばししていたら、ドラマ化されちゃった旨。
慌てて本を買い、今日前編放送だから半分以上読んでればだいじょぶよね! 一応保険かけて5分の4くらいまでいけばノープロブレムよね !! とタカをくくっていたら、マジ読んだとこまで進んでしまいまった……ギリセーフ !!!!(違)

小説では想像つかなかったY邸の全体像が、直後映像ではっきり映るってなんかすげー。
逆に、映像ゆえに先読みできてしまう場面もあって、そこがミステリーの難しいとこだよな。つか、もっと早く読んでおけという。


読みながらふと、時代設定が2003年? 2004年頃? と思い、奥付を確認したら2004年から2006年の雑誌連載とありました。でも単行本初版は2019年発行なの。出版までの期間が長過ぎじゃね?

著者横山秀夫は「半落ち」や「クライマーズハイ」「64」などベストセラーもある、いわゆる人気作家。
気になって調べてみたら、断続的なスランプに入ってしまっていたそう。

かつて「半落ち」が直木賞候補になったとき、審査員たちから肝心な部分に事実誤認があるとされ、落選したことがありました。
その後も各ミステリーランキングで1位になれば

「欠陥がある作品に賞を与えるミステリー業界はいかがなものか」

と苦言を呈し、本の売れ行きが好調だと

「欠陥があるにも関わらず売れ行きがいいなど、読者も作者もこだわるところが違うのではないか」

と批判し、読者まで侮辱するとは何事か直木賞選考委員会はそんなに偉いのかと、ちょっとした騒動になりました。
その後、著者は独自に検証し、事実誤認とされた当該箇所に問題はなかったと訴えたのにスルーされちゃったらしい。
筒井康隆によると、文藝春秋社(直木賞を出す出版社)の編集には土下座しなきゃなんないらしーけど、後味の悪い話ではありました。


ま、そんな話はさておき、ドラマ後編に期待します。
その前に原作読み切らねば!


そうそう、NHKで始まった「明治開花 新十郎探偵帖」は、アニメ「UN-GO」と原作同じですわね(^^)
創元推理文庫の「日本探偵小説全集」第10巻が坂口安吾集になっております。よろしかったらどうぞ~♪






帰蝶さまに笑われるのと、駒ちゃんに叱られるのと

どっちが恐いかな……と思いながら寝て、起きたら結婚が認められていました。
政官のムダ遣いには諦めモードでも、個人の男(とその母親)が労せずお金を得るのは我慢ならんてコメントがいっぱい。
いつの世もどんな階級も、父親は娘の結婚に悩まされるものねえ。


鬼滅本編を知らないのに、声優含む周辺情報ばかり入ってきてしまう(←さっさと録画を観ろという;)
どうやら国内興行収入がタイタニックを越えて2位になったそう。千と千尋の300億円越えは新型コロナが高い壁らしいけど、頑張ってもらいたい。私貢献できないけど(ヲイ#)

ところで耳にする鬼滅のストーリーって、ハガレンと共通点が多いような気がします。きょうだいが”失われた何か”を取り戻すため放浪する、途中で団体に所属し技量を磨く等々。アニメ制作もアニプレックスだし。どちらも絵柄がきれいですよね。


外出がままならない分、TVの特番が充実しているので録画目白押しです。
松重豊、光石研、鈴木浩介のお三方が故郷の福岡をノープランでウロウロする企画モノ、ここに野間口徹がいればワタクシ的に完璧と思っていたら、途中ゲストで参入じゃん! しかもムロツヨシまでニアミスじゃん !! 土曜の午前中放送じゃもったいない !!!!

スレスレの三島由紀夫、クイーンドキュメンタリー&ライブ、新解釈の戦国時代、世の中は興味深いことであふれておりますね。




こちらは森茉莉の息子であった

フローベールの「ボヴァリー夫人」が急に読みたくなり書店で購入。
帰宅して翻訳者が山田𣝣と気づき、なにこれ森鴎外の呪い? 呪いなの!? とビビッております(^^;)


NHKひきこもり関連番組をふたつ観ました。
ドラマ「こもりびと」は、ひきこもる子どもを持つ親なら、一度は頭をよぎるだろう言葉の数々に胸が痛みました。それを口にするのとしないのとでは雲泥の差があるけどね。自発的に家族会に参加しても、お手軽な解決法を聞き出そうとしてしまうお父さん。でもたぶん、多くはこの道をたどらざるを得ないんだろうなあ。
ドキュメンタリー「ひきこもり文学」には、そんなお父さんへのヒントがたくさん示されていましたよ。


「エール」があと2回で終わりなんだけど、音ちゃんがしんどいことに。
古関裕而が「オールスター家族対抗歌合戦」の審査員を務めていたことから、最終回はなにやら楽しい演出があるそうです。
あの番組ときどき観たなあ、懐かしい。






小堀杏奴の息子であったか

小堀鴎一郎先生。
西炯子の筆圧弱いGペン主線、とんでもないもの盗まれ隊、絶景本棚3D版京極夏彦(&冬彦)、ボディビルダー三島由紀夫等々を経て、NHK「親のとなりが自分の居場所」を観ました。
以前「大往生~我が家で迎える最期」も観たんだけど、訪問診療医小堀鴎一郎先生が、森鴎外の孫って初めて知りました(^^;)

諸般の事情で定職に就かず親の年金頼みの未婚の子どもが、病身の親を自宅で介護するというなかなかハードな現実に、訪問診療医として寄り添う小堀先生。思い詰めて死を選ぶ子もいれば、胃瘻投与の手順を介護士から学ぶ子もあり。いずれも経済的困難が伴う場合が多く、ひとりっ子が両親ふたりの介護を迫られたら、破綻するのも道理。

さらにNHKは年末に向けて、ひきこもりをテーマにしたドラマやドキュメンタリーを立て続けに放送するそうで、コロナ禍で鬱々とした社会にこれ以上水を差してどうする、みたいな。


そんなワタクシも中野信子先生の「ペルソナ」(講談社新書)を読み、凡庸な人間には到底理解も共感もできないひと時を過ごしました。元より、ジェーン・スーの推薦文にも「この本は、孤高の人を因数分解しようと躍起になる無遠慮な凡人こそ読め」って書いてあるしな。

「私にとってテストとは単に覚えた内容を確認する作業に過ぎず当然満点なのだが、クラスメイトは皆70点、80点であった。これはもしかすると私の知らない”得点を抑える”という談合があるのかと思いクラスメイトに尋ねると、その後完全無視されるようになった」

前にトーク番組で、小学生時代の思い出をこんなふうに語っていた中野先生。う~ん、これは生きにくかったろうなあ。
大島弓子の「夏の夜の獏」や「恋はニュートンのリンゴ」を思い出しました。

次に読み始めたのは「生まれてきたことが苦しいあなたに 最強のペシミスト・シオランの思想」(大谷崇/星海社新書)。
ええ、ちょっと厭世的になってますの、オホホ。




私たちは幸せでしたあッ !!!!

百恵ちゃんに続いて、キャンディーズの引退コンサートフィルムを観ました。
先日亡くなった筒美京平のドキュメンタリーと合わせて、自分は今、いつの時代を生きてるんだっけ……と、ちょっと不安に(^^;)
いや「東京BABYLON」だけじゃなく、「NIGHT HEAD」までアニメ化とか言うしさ。
ついうっかり「ここはグリーンウッド」OVAのDVDも、3枚揃って買っちゃうし。


9月10月と慌ただしく過ぎ、とうとう11月になってしまいました。
落ち着かない日々を送っているせいか、心にあんまりゆとりがないのよねー。
まあ、何事も良い方向に考えるのがいちばんだと、頭では思ってるのですが。
この、何とも言えない宙ぶらりん状態が、私はもっとも苦手です。
自分事じゃないから、どうしようもないんだけどね。


どうしようもないと言えば「アンという名の少女」がえらいところで終わってしまいました。
なんなの、あの下宿人二人組。
なんとはなしに、カポーティーの「冷血」を連想してしまう、ブルル; ブン殴られたジェリー少年が、当然気付くと思うんだけど。
原作にはない陰惨なエピソードで、アンドリュー・ワイエスばりの冬の荒野がさらに寒々しい。
ひょっとして、後番組に「刑事モース〜オックスフォード事件簿〜」が来ないかなーと期待したんですが、そんな甘くはなかったNHK。


最後に美容院行ってから、そろそろ1年になります。
前髪だけ自力カットしてるけど、いいかげん切りたい!
ホットペッパーのCM並みに身悶えする毎日ですわ。







«タガが外れたようにお買い物