« 夢小説 | トップページ | ものすごく中目黒 »

アニ鋼のシナリオブック・4

TV放映されたものと部分的にセリフとか違うけど、耳では聞き取れなかったものがよく分かりました。
多分こういうこと?と推測してた設定にも解説があって、納得したり混乱したり(^_^;)。

ロゼが抱っこしてた赤ちゃんは、AERA記事によるとやはり軍人に暴行を受けた結果でした。
スカーに「軍に捕えられた彼女は言葉を失っていた」と言われ、エドが愕然とした時点で大人には分かるようになってたんですよね。
エドたちが教祖を倒しリオールを混乱に陥れてしまったわけですから、遠因は彼にあると。しかもスカーが人柱となった錬成には7000人からの犠牲者が出ましたし。次々と背負う十字架が増えていくようで、エドたちが哀れでしょうがありません。

ひとつ引っ掛かっているのは、エドってそんなにロゼを気にしてたか?ってこと。
アルも「兄さんロゼのこと~~」って言ってるし、地下都市の劇場でダンスしてる場面でも顔赤いし。しかもシナリオ解説だと「エド、ロゼを守ってやりたい気持ちになる」なんて書いてあるのです。

う~~ん、確かに死んだ人の再生を望むという共通項で他のキャラよりは魂的に近いかもだけど、それ以上の感情には発展してないように見えるんですが。
どっちかってば、ロゼの方がエドに惹かれているように思えます。いろんな意味で。
ライラ(=ダンテ)はそのあたり鋭く見抜いていたのかしらね。

確認事項、セリムはどうなったのか。
結果、殺されてました。ううう……。

大総統が死に、新政府発足とありますが、アメストリスは軍事政権だったのですか? それにしては戒厳令や思想弾圧などありませんでしたね。

用語解説に「蓄音機」があるのはまだいいとして、「空襲」があったのには驚きました。
知らないかー、今時の子どもは;

« 夢小説 | トップページ | ものすごく中目黒 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニ鋼のシナリオブック・4:

« 夢小説 | トップページ | ものすごく中目黒 »