« ミネラルウォーターと見せかけて | トップページ | ソクリョウヤチョウ »

天国へ行ければいいけど

加藤和彦死去。
夫人の作詞家安井かずみが亡くなったあと、オペラの中丸三千繪と再婚し離婚。いつも、エジェリを求める人生だったような感じがします。

カエラちゃんをヴォーカルに据えた「サディスティック・ミカエラ・バンド」も記憶に新しいですが、やっぱり「帰って来たヨッパライ」が強烈。ものすごーくゆっくりした歌と演奏を録音し、その後テープを早回しにして仕上げたそうです。

今頃「ここが天国だ。思ってたのと違うだろ?」なーんて神サマに言われてたりして。
ながいあいだお疲れさまでした。
ゆっくりお休みください。


明くんの鋼サントラが届きました!
ジャケットのアンニュイな兄さんを愛でつつ、ライナーノウツを読みましたら、

「この作品を通じて心の中に浸透させる音楽を、僕の今までの人生とキャリアを等価交換に錬成する」

ですって。
それでは兄弟の旅に思いを馳せながら、秋の夜長を過ごしてみましょうか。


書店入り口ワゴンに、香山リカ「しがみつかない生き方」(幻冬舎新書)が平積みされてました。
”ふつうの幸せを手に入れる10のルール”と銘打ったPOPに書かれた条件は、常日頃自分が思ってることと重なるものが多かったです(”生まれた意味を問わない”とかね)。
そして最後のひとつが

<勝間和代>を目指さない

あははははははははははははははははははははははー。
いやもう、店頭で笑い堪えるのたいへんだったさ。

断る力もなんも、眼中にないんじゃしかたないわよねー。
成功願望を手放し、ムダを楽しみなさい。そこに平凡な幸せがあります――もうやってるよ、えへ♪




Banner_03

« ミネラルウォーターと見せかけて | トップページ | ソクリョウヤチョウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミネラルウォーターと見せかけて | トップページ | ソクリョウヤチョウ »