« そわそわ日曜日 | トップページ | それでも政治をやってみようと思うだけえらいよ »

日曜美術館から始まって

新年度から司会が千住明くんになった日曜美術館を楽しみにしております。
テーマ曲だけでなく、BGMにも明くんの作品が多用され、同居人は「番組の私物化」とか言うとります(笑)。
ゲストもNHKに関係した人が多く登場し(先週は田中泯に松坂慶子でっせ)、力の入れようがうかがえたり。

先々週は安宅産業総帥だった安宅英一コレクションの特集。
日本クラシック音楽界最大のパトロンであり、同時に美術界でも有望新人に与えられる「安宅賞」を設立した人物です。美大在学中、ちょうどアニメ「赤毛のアン」放送中だったため、学生はエイブリー奨学金と呼んでましたっけ。

普段は温厚なのに、いざ獲物を見つけると狂気にも似た執着で手に入れることを厭わなかったとか。
安宅産業は、根本七保子(後のデヴィ夫人)をスカルノ大統領の元に送り込むほどの商社でしたが、社長の英一が利益を湯水のように美術品購入に充てたことが倒産理由とも言われています。

英一が支援したひとりである、ピアニスト中村紘子は

「ショパンコンクールに入賞した15、6歳の頃から、感性を磨くため陶磁器に直に触れる機会をいただいた。しばらく触っていると自分の体温と相まってねっとりした感覚をおぼえ、骨董を愛するってなんていやらしいことかと思った。今で言う”セクシー”な感じなんです」

と、当時を振り返っていました。
明くんは”いやらしい”に深く感銘を受けたみたい。刺激的な言葉を、敢えて使う高等技術はお見事ですよね。

あたしはこういうメセナ的つながりが大好きで、善くも悪くも芸術に対する貪欲さに憧れるんですよねー。今の日本にはもう存在しない類の貪欲さだと思うの。
番組終わって書店に走り、松本清張「空の城」を買ったのは言うに及ばず(笑)。

日曜日は他にもN響アワーなどあり、大河と重なるので録画してます。29日には、細野晴臣が震災後の身の振りについて語った番組もあり、こちらも興味深く拝見しました。3.11当日、原田知世ちゃんと別番組撮影中だった細野さん、地震発生時の映像が生々しかったなあ。


本日の朝刊に、米澤穂信さんの顔写真付き広告が載ってました。「折れた竜骨」が日本推理作家協会賞獲ったかんねー。
なるしまゆりや似鳥鶏の新刊も届きました。あ、太田忠司の「Jの少女たち」が再版になってら。もう15年以上前の作品だったと思うけど。「やおい――なんで女の子たちはあんなものが好きなんだろう」という、帯のコピーが印象的でした(^.^)

鋼のミロスのなんたらのテーマソング、初回限定盤で予約いたしました~パチパチパチ☆ ラルクおにーさま方の新曲久しぶり♪ 映画の方はまったく期待しない方向で。

月9にBOSS御一行様登場ですか。少し前から単独で温水氏が熱心にご来店なさってましたが。同局ならまだしも、多局で「安積ハンチョウが」とか言ってるしー。なんなんだ、ハイブリッド・コラボ?
そして今夜は「下流の宴」開幕ですね。深夜は「八日目の蝉」がまとめて再放送。最近外出が最小限なので、娯楽が狭量になってるなあ、自分;


今日は近くの小学校の、延期続きだった運動会敢行でした。
朝も早よから花火が上がってましたよ。ちょっと肌寒いけど、運動するにはピッタリかしらん。




人気ブログランキングへ

« そわそわ日曜日 | トップページ | それでも政治をやってみようと思うだけえらいよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そわそわ日曜日 | トップページ | それでも政治をやってみようと思うだけえらいよ »