« ノイタミナ2本立て(2) | トップページ | 氷菓にふさわしく »

いよいよ棟梁

はしゃぐ若さまも今宵かぎりでしょうか@大河の清盛。ああ、ととさまが亡くなってしまいました。そのシーンがないことで、かえって神秘性が増すと申せましょう。さて、常盤さんがあっと言う間に義朝の囲い者に。生まれてくるのが義経でしたっけ。今後みんなが辿る道がよく分かってるだけに、ちょっとした憩いに癒されます。癒されるといえばコチラの記事も。世事に疎いので今まで存じませんでした。
ところで、璋子さまが亡くなる場面で流れていた曲名が判明しました。「カッチーニのアヴェマリア」だそうです。カッチーニは16Cバロックの作曲家ですが、この曲は1970年代ソ連の作曲家ウラディミール・ヴァヴィロフによる作品。何故”カッチーニ”の名前が入っているのかナゾらしいです。曲自体も1990年代後半、スラヴァが取り上げたことで一気に知名度が上がったとか。歌曲で聴いた覚えがあったのはそのためね。他にも、ロックの名盤「タルカス」もBGMに使用されてるそうです。

昨日深夜から始まった「未来日記」を観ました。剛力さんと本郷奏多くんが出るというので~きゃあきゃあ(^O^)/(いや、岡田くんは大河でも頑張ってるし;←言い訳になってない)。マンガが原作だそうですが、初回の限りでは「東のエデン」と「リアル鬼ごっこ」を足して割ったような印象でした。ゲーム中で殺され脱落してゆく人の名前に、数字が入ってるの。何かの順番なのかしらね。

もうひとつ、黒川鈴木の後番「たぶらかし 代行女優業 マキ」も観ました。とある事務所の女優募集に応募した無名女優が、仕事(実在する女の替え玉を演じる)を通し様々な事件に巻き込まれつつ、演じる女の心理に近づくことで事件の真相にたどり着く――そんなお話のよう。主演の谷村美月さんはこれまでアブノーマルな役どころが多かったけど、今回も一風変わってます(こないだの特番「SPEC」にも出てましたね)。一緒に摂関・山本がいて、ちょっと眩暈が(^_^;) さては保元の乱撮影、ひと段落したか。

そんなこんなで今期ワタクシ主導及び半強制(苦笑)視聴ドラマは、
 大河の清盛
 梅ちゃん先生
 37歳で医者になった僕
 未来日記
 たぶらかし
 三毛猫ホームズ
ここに「鍵のかかった部屋」も追加されそう;(ホントはカエラちゃんの主題歌ドラマのがいいんだけど……(TT)) 久しぶりにアニメも観てるから、かなりご多忙です。早いとこ淘汰されて欲しい~。




« ノイタミナ2本立て(2) | トップページ | 氷菓にふさわしく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノイタミナ2本立て(2) | トップページ | 氷菓にふさわしく »