« ベツばら? | トップページ | 遅れてきたまどマギ感想 第四話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 »

10月に読んだ本

読書の秋到来にしては数が少なかったような……くっすん;
まあこれ以上のペースだと、首が痛くなっちゃうんだよなー。
などと言い訳を重ねつつ、10月に読んだ本まとめです。長いので、以下たたんであります。

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1533ページ
ナイス数:32ナイス

ヤマザキマリのリスボン日記 テルマエは一日にして成らずヤマザキマリのリスボン日記 テルマエは一日にして成らず感想
世界中のどこにいようが自分に平穏無事な生活はない――あとがきにある通り、心理的にも物理的にもてんこ盛りな一冊でした。読んでるだけでパワー吸い取られます。ここに書かれた災難のどれかひとつでも我が身に降りかかったら、肝の小さいあたしなんぞ鬱発症確実だなあ。海外の郵便事情の悪さを考えると、原稿はデータ送信に切り替えた方がいいかもですね、ヤマザキさん。
読了日:10月26日 著者:ヤマザキマリ

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)リビジョン (ハヤカワ文庫JA)感想
「リライト」と絡み合いながらお話が進みますが、複雑すぎてあまり楽しめませんでした。気の毒なはずの主人公が、単なるワガママにしか見えません。
読了日:10月17日 著者:法条遥




404 Not Found (講談社ノベルス)404 Not Found (講談社ノベルス)感想
ゲームをまったくやらないので、感覚的に掴みづらいところがありました。主人公(と言っていいのか、この場合)が、どんどん鬼畜化していくところが不愉快でいいです。感情移入の必要が無いし(むしろ拒否している)、読後の無味乾燥もすぐ忘れてしまえそう。
読了日:10月14日 著者:法条遥



リライト (ハヤカワ文庫JA)リライト (ハヤカワ文庫JA)感想
あああ、ウロボロス系タイムパラドクスでした……一気読みじゃないと、リズムに乗れません。始めメモを取ってましたが途中で放棄。素直に混乱に身を任せました。いらん好奇心で過去を引っ掻き回した人間は断罪されても仕方ないけど、それを逆手にとって便乗し全員に復讐を果たすとは。ゆめゆめSFマニアを舐めてはいかんってことね。
読了日:10月9日 著者:法条遥

know (ハヤカワ文庫JA)know (ハヤカワ文庫JA)感想
世界の頂点一歩前まで自力で登り、なんだオトナの世界って汚いじゃんとシニカルを気取っていた秀才くんが、遥か天上にいる天才ちゃんとの差を知って素直な心を取り戻すお話でした。情報に関するイメージは、エデンや曼荼羅に繋がりやすいんですかねえ。アトリビュートによって、読者の予想する展開を裏切る効果を狙うのかな。中盤の電脳戦がカッコよかったです。こうなると分かっていても痛快。知ルが連レルと初めて出会ったのは多分”あの時”なのでしょう。想いの長さや深さによる、三縞女史を加えた”その後”の三角関係も気になります。
読了日:10月6日 著者:野崎まど



読書メーター

« ベツばら? | トップページ | 遅れてきたまどマギ感想 第四話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベツばら? | トップページ | 遅れてきたまどマギ感想 第四話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 »