« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

全部Android更新のせいだと思うんだ……

だって、夜中に更新のお知らせが来るんだもん。
スマホの充電不足っていうからゴソゴソ充電器探してさ、いざ更新始めたら30分くらいかかるっていうからさ、気になってずーっと起きてたんだよね。

完了後いくつか新しいアプリが入ってて、そだ、LINEの画像をSDカードに保存せねばと思い立ったのが運の尽き。
それまでの「コンテンツ」アプリが「ファイル」アプリに変更され、ファイル移動の手順がまるで分からなくなっちまいまして。あーでもないこーでもないとメモを取りつつ、カタが付いたのが2時過ぎ。
とにかく3時間弱寝て、同居人を送り出し、洗濯(部屋干し)を済ませ、掃除の準備をして一旦寝ましょうと。そしたら緊急地震速報じゃあーりませんか。飛び起きて玄関で震えていたのに、いつまでたってもピクリとも揺れず。テレビで誤報っぽいと確認してから再度お布団へ。

そんで目が覚めたら14:45だったという。

なんか、すっごい損した気がするので、今夜はオールしたろか(明日死ぬから止めとけ#)。



上川濃度がほぼゼロになってしまった今期BG。
自力で補完するためBS再放送をチェキしてたら、懐かしの「ステップファザー・ステップ」やってますよ、奥さん! うっかり第4話からだったけど気にしないもんね。たしか終盤だったか、見事なモップさばきで敵をやっつけるシーンがあって、もっかい観たかったんだ~♪

そいでもって、明日夜からは「怪奇大作戦 ミステリーファイル」の再放送も始まるんじゃ~(^O^)/




祝・放送再開!「富豪刑事」

……で、イチオシ神戸大助を描きました。
EDでお気になショットです♪(背景は以前撮影した神戸の夜景)


   41040050_20200725125601
   (クリックで大きい画像出ます)


今さらながら「相棒」の”神戸くん”はここから取ったのかしらん。
あ、でも名前の終わりが”る”じゃないか。

作画萌えポイントは、スーツの襟から肩にかけての”八の字”ライン!
ああ~、たまらんっ !!




最寄り駅職員が新型コロナ感染だそうで;
職務上、濃厚接触者はいないようです、ちょっと安心した。
情報上げて下さってありがとうございます、某さま!




最近のあれこれ

「わたし、コロナ禍の今の状況、意外と嫌いじゃないかも」

友人に遠慮がちに言われて、あー、なんとなく分かるーと思ってしまいました。
不謹慎に感じた方、ごめんなさい。

その人の言うには、

「街中も、電車やバス中も人が少ないし、カート引きながらスマホするウザいヤツらいないし、マスクしてるから静かだし、余計なお喋りしなくていいし、面倒な会合もないし、アグレッシブアピールで無理な外出しないでいいし」

だそうで。
出来ないことをあげつらって嘆くより、快適なことを考えて過ごせる人は、こういうとき強いなあと思いました。


実家で、来年のオリンピック開催についての、元総理の答弁をテレビで観ていたとき

「どう考えても開催は難しいんじゃない? 他におカネ遣うべきこと多過ぎるもん」

と言うと、父が

「それは目の前のことで右往左往する庶民の考え方だな。政治家というのは、庶民感覚と同時に中長期的な視野を持つべきだ。今は必要なくても、10年20年先を見据えるのも大事な仕事」

と答え、あー、それも尤もな話だなあと。
目先のことを何とかするだけなら、官僚がいればいいんだし。
戦中戦後を生きた人間は、まだ政治の力を信じている。だから熱心に選挙投票にも行くんだね。

政治家は国民のレベルを超えることはないそうです。
政治家の質が下がったと感じるなら、それは我々国民の質が下がったということ。
だって、政治家だって国民だもん。


ここで個人的なおさらいをば。

・社会の目標→コロナにかかっちゃうのはある程度しかたない。医療崩壊を避けるのと、抗体保持者を増やすため、出来るだけゆるゆるした感染拡大を目指す。

・それを支える個人の行為→密を避け、手洗いうがいマスク着用を徹底し、不要不急の外出をしない。

以上。
書いてみたら案外スッキリしたわ。



三浦春馬さんの一件はとてもショッキングで残念なことでした。
それでも、彼の個人的な問題として、外野は静観するのが人情かなと思います。
しかし本日の、ALSを発症した女性が医師に安楽死を依頼し実行されたというニュースは、社会的にかなり喫緊の問題と申せましょう。

安楽死(尊厳死)について、そういう選択肢もアリかと思う反面、仮に法制化されれば悪用が心配だし、有形無形の「早く死んでくれ」という周りからの圧が、老人や病人を追い詰める危険もあるとすれば空恐ろしい。

世界で初めて安楽死がニュースとして取り上げられとき、ミッションスクールの学生だったので、シスターたちが「ゼッタイダメデス! ミトメマセン!!」と苛立ちを露わにしていたのを思い出します。
圧倒的で絶対的な規範に寄り添って生きている人はすぐに結論が出せるけど、そうでない人はそれこそ死ぬ直前まで自問自答するんだろうなあ。

エンディングノートとか、心身共にしゃんとしてるときに理想を書き込んでも、いざとなると見苦しいくらい取り乱して生にしがみつこうともがくかもしんない。
志村けんさんや岡江久美子さんのご遺族が、突然遺骨だけを返された悪夢を思えば、どうしても死について深く考えざるを得ません。









映画「天地創造」を観ました

先日、NHKBSで放送してたので。
ノアが箱舟からカラスを放つシーンで、全然別の話を思い出していたり(^^;)
大画面で観たいなあ、パトレイバー。
EVAは公開延期になっちゃったし、はうあー……。


あ、昨夜からアニメ「富豪刑事」が再開しました! 第一話からなので、未見の方も追いつけますよ~(^^)/
しかし、こっちの車もねちっこい動き方するわねえ。

ねちっこいと言えば、映画泥棒新作もカメラ男の逃げっぷりがねちねち(笑)。
あぶ刑事以来、ああいう逃げワークが定着してんのかしらん。

そしてあぶ刑事と言えば、トオル社長のBG。
ぬるめのコーヒーでも、一杯分ぶっかけられればキツイと思うの。
もう最終エピソード突入かい。9係も来週終わっちゃうし、この点に関しては新型コロナを蹴飛ばしたいですわ。

なので、金曜夜の「MIU404」が今は心の支えです。
米津さんの主題歌含むNEW ALBUMも密林で予約済みだぜ!
麒麟にエール、麒麟にエール !!!!(やや混乱)


iPadにメディバンペイントを入れてお絵描きしてるんですが、こないだPCにも入れて、クラウド経由でデータのやり取りなんぞしています。
最近iPadを購入した友人はアイビス使ってるそうで、こちらはPC版CLIP STUDIOと連携できるらしく……。しかし、これ以上ソフト増やしたところで、お絵描き技術が上がるワケでもなく。

ただ、何をどう使えばいちばん気楽に(そして快適に)描けるかなーってことなのよね。
いろいろ試した今のところの結論は、オールマイティなCLIP STUDIOと、加工・効果にフォトショがあればほとんどオッケーな気がしてます。




薔薇戦争と玉三郎と連城三紀彦が同時進行

だって、全部好きなんだもん!
読みながら、映画「天使と悪魔」を観ました。「ダ・ヴィンチ・コード」より、著作としては前なんですね。
どちらにせよ、現代版インディー・ジョーンズといった感じ。
キリスト教に関するムック本などが多数出版されるようになったのも、これらの映画のヒットがあったからですかそうですか(遅)。
バチカンがお冠なのもむべなるかな、ですな。


豪雨被害をテレビで観るにつけ、あそこは某マンガ家さんの御実家、こちらは某作家さんの……と、ひとり勝手に心配しております。
いつの間にか溜まっていたスマホ決済ポイントを、なんとか寄付できないかなあと思うの。
いいトシのおじさんやおばさんが泣いてるの見たら、矢も楯もたまらなくなって。他に何もできないからせめて。


7月になって深夜のアニメ再放送が色々始まりました。
人気作も多いので録画予約と思いましたが、たぶん観きれないだろうなあと断念。

元気で丈夫であれこれできる時間が、どんどん目減りするお年頃になってしまいました。
逆算しつつ、したいことをチョイスしないといけません。時間は有限ですから。




7月になってしまいました。

個人的にユーリ月と呼んでおります、うふふ。


昨夜から台風みたいな風で、頭がボンヤリする感じ(いつものことか;)。
除湿を点けっぱなので、ドライアイのかゆみが来てます、ううう(*_*)
とか言ってたら、東京都の感染者が67人というテロップが。
コロナ対策と夜の経済の天秤は、バランスとるのが難しいですね。



百年戦争辺りのフランス史、イギリス史をいろいろ漁っていて、今は心のリチャード3世祭り真っ最中です。
ジョセフィン・ティ「時の娘」が面白いときき、早速読み始めました。
怪我で入院中のスコットランドヤードの警部が、友人知人・看護師の協力を得てベッドの上で史実の謎解きをする、という内容。
あー、こういうの「刑事モース」にもあったなあ。アームチェアならぬ、ベッド・ディティクティブ。

調子に乗ってシェイクスピアの新訳文庫本を探していると、BBC制作の映画シリーズ「ホロウ・クラウン」で、リチャード3世をベネディクト・カンバーバッチが演じてるという情報が!
さらに驚いたことに、カンバーバッチ氏はリチャード3世の末裔なのですと!
……驚き過ぎてDVDも注文しちゃったわよ、ええ。
カンバーバッチファンなら周知なんでしょうけど。

思えば学生時代、森川久美「天の戴冠」に感銘を受け、ドラローシュ「ロンドン塔の王子たち」を初めて見た衝撃等々、時間はかかったけどここへたどり着く運命だったのかもなー。人の趣味って根本的に変わらないんですね。



「BG 2」を観ました。
仲村トオルが合理主義の権化みたいなベンチャー実業家を演じてますが、きっとウラの事情があるんだろうなあ。
キムタク独立で、以前の仲間がひとりまたひとりと流れてくるのか。斎藤工の笑顔おめんがコワい;
階下のカフェアルバイターくんが、なかなかいい味出してます。


麒麟の代番組で「利家とまつ」が特集されましたが、とある方が

「今の女優さんて、演技が上手いんだね」

と発言され、笑いこけてました。
なんかいろいろスイマセン;

あ、今夜は「雲のように風のように」放送ですね!(脱兎)




« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »