« タガが外れたようにお買い物 | トップページ | 小堀杏奴の息子であったか »

私たちは幸せでしたあッ !!!!

百恵ちゃんに続いて、キャンディーズの引退コンサートフィルムを観ました。
先日亡くなった筒美京平のドキュメンタリーと合わせて、自分は今、いつの時代を生きてるんだっけ……と、ちょっと不安に(^^;)
いや「東京BABYLON」だけじゃなく、「NIGHT HEAD」までアニメ化とか言うしさ。
ついうっかり「ここはグリーンウッド」OVAのDVDも、3枚揃って買っちゃうし。


9月10月と慌ただしく過ぎ、とうとう11月になってしまいました。
落ち着かない日々を送っているせいか、心にあんまりゆとりがないのよねー。
まあ、何事も良い方向に考えるのがいちばんだと、頭では思ってるのですが。
この、何とも言えない宙ぶらりん状態が、私はもっとも苦手です。
自分事じゃないから、どうしようもないんだけどね。


どうしようもないと言えば「アンという名の少女」がえらいところで終わってしまいました。
なんなの、あの下宿人二人組。
なんとはなしに、カポーティーの「冷血」を連想してしまう、ブルル; ブン殴られたジェリー少年が、当然気付くと思うんだけど。
原作にはない陰惨なエピソードで、アンドリュー・ワイエスばりの冬の荒野がさらに寒々しい。
ひょっとして、後番組に「刑事モース〜オックスフォード事件簿〜」が来ないかなーと期待したんですが、そんな甘くはなかったNHK。


最後に美容院行ってから、そろそろ1年になります。
前髪だけ自力カットしてるけど、いいかげん切りたい!
ホットペッパーのCM並みに身悶えする毎日ですわ。







« タガが外れたようにお買い物 | トップページ | 小堀杏奴の息子であったか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タガが外れたようにお買い物 | トップページ | 小堀杏奴の息子であったか »